ホテル客室清掃責任者というお仕事

とあるホテルに客室清掃責任者として常駐しています。毎日クソみたいに忙しいです。お暇を誰か下さい。

「部屋が臭い」って言われても困ります。

バスルーム内のシャワーカーテンの臭いについて以前記事を書いた。

 

 

hotelsekininsya.hatenablog.com

 

だけど臭いと言うのはバスルーム内に限った話ではないのだ。禁煙指定部屋なのに喫煙する人はいるわ、めっちゃくちゃ香水ふりまく人はいるわ、部屋の中でアロマまでたく人はいるわ、おそろしく体臭のきつい人はいるわ、とにかく、そうした臭いの原因をわざわざ作ってアウトされていくお客様がいらっしゃるおかげで、消臭作業商売は大繁盛なのであった。

 

いやもうね、消臭なんて作業はやること限られてるので、臭いさえ消えてくれればそれでいいのだけどそんな簡単なもんじゃないんすよ。特に我がホテルは稼働率が著しく高いので、ルームチェンジすら難しく、フロントからは矢の催促で「消臭対応お願いしまぁす」なんて言われるもんだから、ほんとに厳しいのです。

 

方法は、

  • 消臭剤を散布する。そんな効き目のいい消臭剤があるわけではないし、巻き過ぎても効果を高めることはほとんど無理。いやもうまじね、消臭剤作ってる会社って嘘つきばっかり(笑)。それなりにしか効かないのです。ちなみに一般市販品ならファブリーズは浸透力があるようで最良だと思います。
  • 窓を全開にしてしばらく放置する。多くの一般的なホテルの場合、建築基準法か消防法規か守っている限り、通常は全開に出来なくなってても全開にするスイッチなり何なりが窓に付いてます。これが最も効果的なのですけど、臭いの原因が部屋に残ってるとこれでも難しい場合があります。
  • オゾン脱臭器のような、脱臭してくれる機械を使用する。あんまり脱臭器の世界のことは知らんのですけども、オゾンを発生する装置みたいなものがあって、結構強烈に脱臭してくれます。ただー、オゾンは毒物なので取扱いには注意が必要です。また、せっかくオゾンしたのに取れない臭いもあります。あんまり知らないのでこれ以上はよく分かりません。我がホテルにもありますがー、どうもあまり効かないみたいで最近はほとんど使ってません。
  • 常設の空気清浄機を使う。これもねぇ、長時間使うと効果あるんでしょうけど、いまいちどうも清掃中だけ使っても効果は期待できないみたいです。ただし、空気を吸って吐いてくれる装置なので室内空気の循環?みたいな使い方が出来ます。例えば、バスルーム内が臭い時、バスルームの入り口においておくと、簡易の換気扇みたいに使うことも可能です。

こんなもんですかね。大した方法は無いのです。あったら教えて欲しいw

 

しかし最近独自に編み出した方法は、多少効果的なようです。それはエアコンを使う方法です。もし、部屋にエアコン室内機がついてるタイプの場合、エアコンのアルミフィン部に消臭剤を事前に散布しておき、風量強で風向きを自動スイングさせておきます。実は、エアコンが部屋の臭いの原因を作ってる場合が多いのです。なぜならエアコンは室内の空気を一旦吸って、温度を調節した空気を吐き出しているだけだからです。なので、臭いを含む空気を吸ってしまうのでエアコンがその臭いを溜め込んでしまうわけです。それをアルミフィンの消臭と共に逆利用するわけですね。消臭剤が部屋中に散布されるのと同じことになるのです。

 

とはいえ、うちのホテル、エアコンを買い換えて欲しい。古過ぎる。しかも、エアコンの分解洗浄を二年に一回しかやらないケチり方。見た目は綺麗に見えても、もう十年過ぎてる上にアルミフィンの中埃だらけや!ちゅーんじゃ!w

 

以上。