ホテル客室清掃責任者というお仕事

とあるホテルに客室清掃責任者として常駐しています。毎日クソみたいに忙しいです。お暇を誰か下さい。

ホテルサイドから見た不備を減らす対策は?

「客室清掃 不備」でググッたらこんなページがヒットした。ちなみに私のパソコンだからかもしれないがトップは私のブログ記事だったw

 

hotelman-the-phantom.seesaa.net

 

いやなかなかにほんといい事が書いてある。

一向に改善されない日常清掃の不備に業を煮やした宿泊部門の責任者が、直接客室階に出向いて徹底した指導を行ったとしても、.ただでさえ精一杯の持ち時間を削られて不快な小言を聞かされるメイドさんたちの感情を害する以外は何も得られません。

 

 そのとおりだーーーー!私などは厳しく怒られると休みの日ですらも延々そのことばっかり考えて、休日も楽しめないんだぞ!(^^;

 

これしかし、ここにも書いてあるとおり、客室清掃は外部委託が多いので、どうしてもホテルサイドは「こっちが金払ってやってんだから」みたいな意識になるんだと思います。極端な話、我々は客だぞ!と。

 

でもよく考えて欲しい。同じ建物の中で働く仲間なんです。フロントさん、あなたたちだってホテルを運営する会社からお金貰って働いているという意味で外部委託業者の従業員も変わらないんですよ、と。そりゃもちろん、我々外部委託業者は、所属する会社の命に従って動いている以上、ホテルだけじゃなく先ずは所属会社の利益なりというところを考えないといけないので、会社としての責任も当然ありますが、委託して任せてるんだからちゃんとやれ!という視点だけではダメなのではないかと思います。

 

その上、実態として多くのホテルは外部委託業者に十分な対価を支払ってなどいません。だから、かなり深刻な人材不足にほとんどの業者が悩まされ続けています。しかし酷いホテル側の人になると「その金額でやるといったのはあんたの会社なんだからそんなの知らん」という態度をとる人だっています。そりゃ理屈はそうです、そうですけど、安くていいものなんつー欲張りが色んな問題を生じさせてしまう大きな要因になっているって事は考えるまでも無い事です。

 

ほんと、上の紹介ページに書いてあるように、客室清掃を一度自分たちでやって欲しい。それもお試しとかじゃなくて、戦力になるつもりで。どれだけ大変か、身を持って実感しなければ、不備なんか減らないと思います。頭の中だけじゃダメなんです。体を使って動かして経験して初めて見えてくることはいっぱいあると思います。そうやって、客室清掃やってる人達と一緒に努力して考えていけば、不備は確実に減らせると思います。

 

今回は良いページを見つけたので、思わず紹介したくなったわけですが、最後にほんとに良いこと書いてあるなぁと思ったところを引用して終わります。

しかし、「同じ釜の飯を食った」相手からの依頼であるとなれば話は自然と違って来ます。一度くらいは夕暮れ前の飲み会に誘われているかも知れません。日頃の愚痴や不満をたっぷりと聞かされて、皆さんがとても傲慢に見えている事を気付かされているかも知れません。もう、そこには何らかの血の通う人間関係が生まれている筈なのです。そしてもう一つ、思わぬ効果も期待が出来るでしょう。
それは「配慮とねぎらい」です。清掃の実習に入った初日、あなたは何室を仕上げる事が出来ると想像されますか。決められた時間内に指導を受けながらであればまず三室が限界でしょう。一週間の実習でも十室には遠く及ばない。その事を嫌と言うほどご自身の肌で感じ取られる筈なのです。あなたのホテルのメイドさんが一日に何室を仕上げているのか。どんな思いで作業をされているのか。何を面倒に感じて、どんな風に時短をされているのか。そればかりではありません。何を嬉しく思い、何を励みに感じ、何に対してなら誠心誠意に応えてやろうと考えて貰えるのか。そのヒントが山の様に得られるのではないでしょうか。あなたはさらに気付かれる筈です。客室清掃の不備に苦情を訴えているお客様に対して、本当は自分たち自身がそうさせているのかも知れないと言う事をです。関連する部署との信頼関係こそが、苦情を断ち切るためには欠かせないのだと確信も!!出来るでしょう。旅館であれば「布団敷き」や「茶替え」さんの経験も貴重なものとなるに違いありません。