ホテル客室清掃責任者というお仕事

とあるホテルに客室清掃責任者として常駐しています。毎日クソみたいに忙しいです。お暇を誰か下さい。

取れない汚れ(?)をどうやって取るのか。

現場責任者として会社にホテルへ放逐されたみたいなものだから、そのぶん結構自由にさせて貰った。契約仕様のこととか、これはやるべきかあるいはやらない方がいいのか、色々と多方面に考えなくちゃならない面もあるものの、私は可能な限りなんでもやってみたい性質なので、ホテルの仕事ではないが過去には床面自動洗浄機をメーカーに頼まずに自分で修理したり挙句の果てには改造までしたりしている。クソ高い出張修理費を払うより自分でできるならやっちまえ!みたいなw

 

さて、ホテルでも毎日する普通の清掃作業では対応できない汚れなどをどうするか?という問題がある。もちろん、例えばベッド下除塵作業などなら特別清掃費を頂くという形で、会社から作業員を入れて貰って対応する、あるいは清掃では対応が困難な家具などの経年劣化に伴うものなどはホテルの方に対応してもらうなど、現場でやらなくていいという切り分けもあるわけだが、稀にどっちにも切り分けが困難というか、頭を悩ませるような問題が生ずることもある。

 

例えばうちのホテルでは、どーしても取れないカーペットの染みという問題に対応を求められたというか、普通にやるならもうカーペットを部屋ごと張り替えてしまう以外にない(※タイルカーペットじゃないから)というそうそう簡単にはホテル側としても予算承認できないような問題があった。私はその頃は、ただの現場応援としてチェッカーかメイドをしに来ていただけだったのだが、たまたまうちの会社の担当者とホテル側の人がそのカーペットの取れないシミについて協議しているその場に居合わせた。

 

実は、建築当初に余ってた資材を保管している場所を私は何故か知っていて、そこにその部屋のカーペット資材があることも知っていた。だからふと思いついたままをそこで私見として言っただけなのである。「そこだけ切り取って張り替えればいいんじゃないですか?」って。うちの担当者とホテル側の人は「え?そんなこと出来るの?」ってびっくりしてたな。いや、私も本当に素人考えで思いついただけで、職人でもないからそんなこと知らんしw

 

まさかホテル側もそれを大真面目に受け止めるとまでは全然思わなかったのだが、是非やってほしいと言い出しっぺの私にそのテスト施工の依頼が。しゃーない、じゃぁやってやろうじゃねぇかと、カーペットの部分張り替えやりましたがな。想像したよりもちょっと難しかったし、どうしたって切り貼りしたその境界線はくっきり見えてしまうという結果になったがホテル側はそれでいいと承認された。実は、私は内心「特別作業費としてうまくいけば金取れる」と思ってたんだけど、当時の担当者がサービス、つまり無償でやると決めてしまい、以降、同様に取れないシミを消したい時は全部サービスでうちの会社が切り貼りする羽目になってしまった。下請け根性のだらしなさというか情けなさというか・・・。でも、私はそれにもめげず、応援当時から思いつくことは何でも色々と考えて提案したりして来たので、別の部分で別途費用としてお金貰えたものもいくつかあるから営業にはなったのかな。

 

で、支配人がその応援当時から私のそういう性質をよく覚えてらして、私が責任者になると無茶なことも色々言って来ました。私に頼めばなんかいいアイデアが湧き出てくるとでも思ってたのでしょうかねw 壁紙が剥がれたところを修繕しないで何とか出来ないか?とか言われた時には即座に「無理ですっ!」と断りましたが。ただ、出来るのであれば何とかしたいなぁというのは支配人と共通認識は持っていたので色々やりましたね。例えば壁紙じゃないところの壁の部分の取れない汚れを「百均とかで売ってる塗料スプレーでごまかせるんじゃないっすか?」と冗談交じりに提案したら翌日、速攻で支配人が百均の塗料スプレー買って来て、自分でテストされて、「うまく行ったので後はよろしく!」とニコニコしてそのスプレーを私に渡されましたw

 

そんな様々な試行錯誤の中で、ダントツにあげたいのがこれ。

 

item.rakuten.co.jp

 

ステンレスって「熱焼け」ってのがあって、熱で色が変色してしまうんだな、これが。で、ホテルの客室内でステンレスで熱焼け起こすものといえば、電子ポットや電子ケトルなどの湯沸かし器。直接火を使うものなんてないと思うのでそんなにひどく熱焼け起こすわけでないけど、それでも微妙に熱焼けを起こして徐々に見栄えが悪くなっていく。で、神経質なお客さんがアンケートに「ケトルのステンレス部分が汚い」とか書きやがるw 支配人も当然私に「何とか君の力でどうにか出来ないのか?」とか根拠なく言ってくるw

 

もちろん私も、それが出来るなら何とかしたいとは思ってたんだが、当初はステンレスの熱焼けだなんてことすら知らなかった。ただ、私もかなり諦めが悪いので、色々調べてたらどうやらそれがステンレスの熱焼けというものであることが判明し、たどり着いたのが上の商品な訳です。試しに買ってみてやってみてびっくりするくらい簡単に熱焼けが取れました。あまりに簡単に取れるので、全客室のケトルの熱焼け取り・・・は使い切っちゃった時点で諦めたけどね。安いから私費で買っただけだしw でもこれ一個でかなりのケトルを処理できました。

 

一般的な市販商品ではどうもこれしかないみたい。実は、うちの会社の取引先問屋にも熱焼けを取れるのなんかないか?と別の試供品もらったけどそれだと全く効果なし。ま、単に美観の問題だけだからそんなにニーズはないんでしょうね。でも、上の商品の効果はこういうケースに限り絶大とは言えるでしょう。いやーほんと熱焼け取るの楽しかったなぁw

 

というわけで、今回はなんかためになるという話ではなくて、単なる自慢話に過ぎなかったですけど、諦めず色々探求してるとどうにかなることも結構あるというお話でした。でもできればお金をきちんと貰うようにしましょうね!